カテゴリ:その他のアンティーク( 123 )

鳥の時計

古い目覚まし時計。
TOYO CLOCK とあります。
1931年創業の東洋時計。現存する会社です。
文字盤のフレームに錆がありますが、他は全体的に良い状態。
どっしりと重みがあり、安定感があります。
何より鳥が可愛い。
スズメでしょうか。木の上にとまって、覗き込む仕草です。
誤差も殆ど無く、正常に動きベルも鳴ります。  高さ 16cm  10000円
f0196455_17365181.jpg
f0196455_17363391.jpg

f0196455_1737735.jpg

[PR]
by rosering | 2013-12-17 17:37 | その他のアンティーク | Comments(0)

ソープディッシュ

大掃除、進んでいますか?
私はそれどころじゃなかったので、まったく手付かずですが、
そろそろ少しずつ何かしなくちゃ、とは思っています。
小さいところからコツコツと。
30分~1時間くらいで綺麗になる場所を、毎日1箇所ずつお掃除していけば良いのですよね。
分かってはいます。頑張ります。

洗面所周り。
綺麗にしたらこんな石鹸皿に変えてみては如何でしょうか。
フランスからのソープディッシュ。
古びた真鍮色が美しいです。
外したリングなどを入れておくのもGoodですね。 12×14.5cm  5000円
f0196455_15535675.jpg

f0196455_1554147.jpg

[PR]
by rosering | 2013-12-12 15:54 | その他のアンティーク | Comments(0)

フォトフレーム 

お部屋のお掃除とかお片付けとか、頑張っていらっしゃる方も多いかと思います。
この機会に、少し模様替えとかしたり、インテリアを変えたり。
ランプや鏡や飾るものなど、少し変えると、気分も変わります。

素敵な写真立てを探しに訪ねていらっしゃる方も多いです。

イギリスから、マッピン&ウェッブのもの。
フレームはシルバープレートです。
シンプルなデザインは、飽きが来なくて一生ものですね。  13×10cm  Sold
f0196455_15502446.jpg
f0196455_1550950.jpg

他にもフランスから、ガラスのフォトフレームなども入荷しています。
[PR]
by rosering | 2013-12-05 15:54 | その他のアンティーク | Comments(2)

クリスマスキャンドル

12月になって、やはり少しずつ街も活気が出てきたような。
あっという間にクリスマス!早めの準備をしなければ。

クリスマスの飾り付けや、ディナーキャンドルに。
高さが15~18cm位の絵付きのキャンドルが3本。 各1500円
f0196455_16151747.jpg

f0196455_16154029.jpg

そしてこちらは色とりどりのガラスのキャンドル立て。
中にアロマのキャンドルを入れました。 
クリスマスのテーブルが暖かく華やかになりますね。    一つ1500円
f0196455_16181497.jpg

f0196455_16183624.jpg

[PR]
by rosering | 2013-12-03 16:19 | その他のアンティーク | Comments(2)

木製 塵取りブラシセット

こちらもイギリスから。
テーブル上で使用する、木製の塵取りとブラシのセットです。
とても状態が良く、細部までの丁寧な造りに感動を覚えます。
ブラシのフォルムも美しく、綺麗なカーブが握りやすく、とても使い易いです。
美しく暖かい木の色と温もり。
昔のイギリスの職人さんが、木を切り、削り、磨き、釘を打ち。
手に触れ、見つめていると、そんな丁寧な手仕事の歴史が感じられ、
時代を経た木の温もりと共に、とても温かさを感じます。
日常使いに、テーブルのそばに置かれると便利です。
日々使うものは、こんなシンプルな形のものが良いのかな、とも思います。
                       24.5×20.5cm   Sold
f0196455_15572380.jpg
f0196455_15565539.jpg

[PR]
by rosering | 2013-11-28 15:59 | その他のアンティーク | Comments(2)

オルゴール ともしび

なんと~なく、燃え尽き症候群?
若干心の中が空っぽになっています。(笑)
いえいえ、そんなことじゃいけませんからね!
心を入れ替えて、頑張りましょう!

とは言いながら、今日はオルゴールを。
日本製Sankyoのオルゴールで、前面の飾りに三美神の樹脂のカメオが。
木彫りの飾りと共に、とても懐かしい風情です。
メロディはロシア民謡の「ともしび」
哀愁を帯びた物悲しいメロディが、とても良いです。             Sold
f0196455_16415555.jpg

f0196455_16413342.jpg

[PR]
by rosering | 2013-11-06 16:58 | その他のアンティーク | Comments(4)

ポプリケース

今日はとても暖か。
国立の桜も満開で、それはそれはむせかえる様に美しいです。
お花見&国立散策のお客様も、多くいらっしゃいました。ありがとうございます。
私達も昨日お花見をしました。
午前中、ジョギング仲間と一橋大学の中のグラウンドを走って、
その後、大学通りでお花見。
少しだけのつもりが、気がつくと夜。お酒の力って恐ろしいですね 笑
昨日の時点では、まだ8分咲き位でしたが、今日は本当に満開。
今週一杯は楽しめそうですので、是非国立にお遊びにいらしてくださいませ。
1年を通して一番美しい、国立の春 です。

フランスからのポプリケースです。
お花とリーフの模様。
金属の細かい細工が本当に美しい。
ドレッサーに置いて、コットンやお薬を入れたり、
大切なジュエリーを入れても良いですね。  直径 9cm SOLD
f0196455_17334518.jpg

f0196455_17335954.jpg

f0196455_17341564.jpg

[PR]
by rosering | 2012-04-09 17:35 | その他のアンティーク | Comments(0)

アールヌーボーの燭台

フランスからアールヌーボー期の真鍮の燭台が届きました。
植物をモチーフとした模様や、流れるような曲線が特徴であるアールヌーボー。
この真鍮の燭台は、足の部分が葉と木の実、そしてキャンドルを立てる部分は花びらを形取っています。
渋く光る真鍮の色合い。長い年月を経て来たものだけが持つ、何とも奥深い光沢を放っています。
                                        高さ7cm 径約17cm 18000円
f0196455_17195746.jpg

f0196455_17202263.jpg

[PR]
by rosering | 2012-02-15 17:21 | その他のアンティーク | Comments(0)

フランスの古いティン缶

昨日、処分するお洋服の見極め方のお話をしましたが、
今朝、少しだけ時間があったので、衣装ケースを開けてみました。
「もったいない」という感情を殺して、「ときめき」だけを重視してみました。
そうすると、なるほどなるほど、処分するべき服が山積みに。

「ときめく服」と言うのは、古いか新しいかではないのですね。
買ってからもう20年以上経っているかも、という服でも、大好きで捨てられないものもあれば、
去年買ったけど、何となく魅力を感じない、着る気になれない服もあります。
(本当はそんな服を買っちゃう事自体が間違いなんですけど)

こんな古いティン缶も、ときめくものの一つ。
フランスのキャンディが入っていた缶です。可愛いです。ときめきます。 
f0196455_17464476.jpg

[PR]
by rosering | 2011-10-07 17:49 | その他のアンティーク | Comments(0)

フランスの古いバスケット

今日は昨日と打って変わって、とても暖かいですね。
昨日の寒さが骨身?に堪えたので、ちょっと暑いくらいが心地よい感じ。
いらっしゃるお客さまが口々に 「着るものに困るわね~」と。
昨日は雨の一日だったので 「家にいて衣替えをしたわ」と仰る方も。
でも、今日はこんなに暖かいので、衣替えするのもちょっと困りますね。

無駄なものはどんどん処分するのが良いとされる今の時代。
お洋服はその最たるものですよね。
シーズンごとに出しても、一度も着なくてまた衣装ケースの中へ逆戻り、という服も数多くあり、
自分でも「馬鹿みたい」と思いますが、気に入って買ったものなので、中々捨てられない。
潔く捨てることが出来る人もいますが、私にとってはそれが難しいのです。
でも、そんなことも言っていられないので、この衣替えの季節に、私も潔くなりたいと思います。
処分する服と、残す服の見極めるポイントの一つとして、昨日お客さまに良い言葉を聞きました。
「自分に取ってその服が、ときめくか、ときめかないか」
なるほど、「もったいない」 よりも 「ときめき」 その感覚が大事かもしれません。頑張ります。

古くても、多少傷んでいても捨てられない、捨ててはいけないものも沢山あります。
これもそのひとつ。フランスの温泉に行く時に使われていた、古い古いバスケットです。
この小さなバスケットに、タオルや石鹸や温泉水を飲むコップなどを入れていったそうです。
持ち手は皮。前面にある鍵の部分は金属。
どこを見ても良く使い込まれていて、軽く百年以上は経過しているように感じられます。
とても一人の人が使っただけでは、こんなに良い味わいは出せません。
きっと、お母さんから娘へ、そのまた孫へと、3代以上に渡って大事に伝えられてきたように思います。
ハンドルとバスケットの繋ぎの部分が若干危ういので、持って歩くのには不安があります。
中にグラスなどを入れて花入れにしたり、これだけを飾っておいても、とても雰囲気があると思います。
                                          23×13×11cm   Sold
f0196455_15173237.jpg

f0196455_15174741.jpg

[PR]
by rosering | 2011-10-06 15:21 | その他のアンティーク | Comments(2)