カテゴリ:その他のアンティーク( 124 )

フランスの古いバスケット

今日は昨日と打って変わって、とても暖かいですね。
昨日の寒さが骨身?に堪えたので、ちょっと暑いくらいが心地よい感じ。
いらっしゃるお客さまが口々に 「着るものに困るわね~」と。
昨日は雨の一日だったので 「家にいて衣替えをしたわ」と仰る方も。
でも、今日はこんなに暖かいので、衣替えするのもちょっと困りますね。

無駄なものはどんどん処分するのが良いとされる今の時代。
お洋服はその最たるものですよね。
シーズンごとに出しても、一度も着なくてまた衣装ケースの中へ逆戻り、という服も数多くあり、
自分でも「馬鹿みたい」と思いますが、気に入って買ったものなので、中々捨てられない。
潔く捨てることが出来る人もいますが、私にとってはそれが難しいのです。
でも、そんなことも言っていられないので、この衣替えの季節に、私も潔くなりたいと思います。
処分する服と、残す服の見極めるポイントの一つとして、昨日お客さまに良い言葉を聞きました。
「自分に取ってその服が、ときめくか、ときめかないか」
なるほど、「もったいない」 よりも 「ときめき」 その感覚が大事かもしれません。頑張ります。

古くても、多少傷んでいても捨てられない、捨ててはいけないものも沢山あります。
これもそのひとつ。フランスの温泉に行く時に使われていた、古い古いバスケットです。
この小さなバスケットに、タオルや石鹸や温泉水を飲むコップなどを入れていったそうです。
持ち手は皮。前面にある鍵の部分は金属。
どこを見ても良く使い込まれていて、軽く百年以上は経過しているように感じられます。
とても一人の人が使っただけでは、こんなに良い味わいは出せません。
きっと、お母さんから娘へ、そのまた孫へと、3代以上に渡って大事に伝えられてきたように思います。
ハンドルとバスケットの繋ぎの部分が若干危ういので、持って歩くのには不安があります。
中にグラスなどを入れて花入れにしたり、これだけを飾っておいても、とても雰囲気があると思います。
                                          23×13×11cm   Sold
f0196455_15173237.jpg

f0196455_15174741.jpg

[PR]
by rosering | 2011-10-06 15:21 | その他のアンティーク | Comments(2)

ルルドの奇跡

朝から冷たい雨の降り続く国立です。
本当に寒いですね~。
正直言って、衣替えもまだなので着るものに困っています 笑
まだ10月なのにこれは寒すぎでしょう?
気分的にちょっとテンションも下がり気味。
風邪をひいていらっしゃる方も多いようです。
皆様もお大事になさってくださいね。

フランスから届いた、ルルドの壁飾りです。
膨らんだガラスがドーム型になっていて、中にルルドの奇跡の絵が描かれています。
直径9,5cm。小振りですが存在感のある素敵な壁飾りです。  Sold
f0196455_1792749.jpg

[PR]
by rosering | 2011-10-05 17:10 | その他のアンティーク | Comments(2)

リーディンググラス

私くらいの歳になると、悲しいかな段々と近くのものが見えにくくなります・・・。
程度の差こそあれ、避けては通れない視力の衰え。
お洒落なシニアグラスを、常にお探しの方もいらっしゃるかと思います。

こちらは折りたたみ式のリーディンググラスです。
非常にシンプルなデザイン。
たたんだ状態で、首から下げるペンダントにもなり、ワンタッチで開くことが出来ます。
折りたたんだままで、拡大鏡のように使うことも出来、
レンズの周りには、このように綺麗な飾りが彫られていて、
シルバーではありませんが、銀のような風合いです。
渋い銀の鎖を付けると、とても洒落ていて素敵だと思います。      イギリス製 Sold
f0196455_172591.jpg

f0196455_17243018.jpg

f0196455_17262115.jpg

f0196455_17263555.jpg

[PR]
by rosering | 2011-10-01 17:27 | その他のアンティーク | Comments(0)

炭酸水

先日ツイッターで炭酸の話題になり、その延長上の美ーishikiさんのブログで、
重曹とクエン酸で簡単に炭酸水が作れることを知りました。
両方を別々に冷たい水で溶き、それを合わせるだけ。
しゅわしゅわ~~~♪
「重曹とクエン酸かあ…」
化学実験みたいで面白そうだなあ、とぼんやり考えていたら、突然あるものを思い出しました。

私が子供の時に父が良く晩酌で呑んでいたハイボール。
父はこのソーダサイフォンで炭酸を作っていました。
小さなガスボンベを入れて、レバーを引くだけで、シュワッと炭酸水が出来ます。
子供の頃はそれが面白くて、父の手元をじっと見つめていました。
私は小さかったので触らせて貰えずに、そしてまだ炭酸を飲むことが出来ませんでした。
今の子供だったら、きっと甘くしてサイダーにしてもらったりするのでしょうけれど、
その当時はまだ、コカコーラも一般には無かった時代でした。

ソーダサイフォン。
今のものはステンレスが一般的のようですが、これはガラス製。重いです。
その当時流行った色なのでしょうか、オレンジっぽい赤の部分は樹脂。
初めて買ってもらったカキ氷器も、同じような色でした。
NIPPON TANSAN GAS CO.LTD とあります。
今のガスのカートリッジは少し細長くて、これに合う小さくてころんとした丸っこいボンベは、もう売っていません。
いつの日かこれに合うボンベに巡り合ったら、これで作った炭酸水でハイボールを呑んでみたい。
父が亡くなって、もう30年近く。そんな想いが駆け巡る、7月の終わりの夏の夜でした。
f0196455_1742327.jpg
f0196455_17424453.jpg

[PR]
by rosering | 2011-07-30 17:50 | その他のアンティーク | Comments(8)

アメリカ製 シルバープレートの花瓶 

ここ数日、とても涼しい日が続いていましたが、今日はちょっと暑さを感じます。
でもその前の酷暑に比べたら涼しいかも?

昨日のお昼丁度に、アナログ放送が終了して、地デジ放送に切り替わりましたね。
さほどTVの必要性を感じていなかったり、色々あってまだ買い換えていない方もいらっしゃるご様子ですが、
日本で一番地デジ普及率が低い県は沖縄県だということ。
理由はそれなりにあるようですが、一番の原因は「県民性」
のんびりした沖縄県の県民性が、そうさせるのだそうです。
1年ほど前にデジタルテレビを入荷した電気店は、
「こんなに早く仕入れても、誰も買わない」と言ったとか。
何しろ、入学式当日にランドセルを買いに来る人もいるそうです。
せっかちな東京の人間から見たら、信じられないような話ですが、
そののんびりさ加減が、沖縄らしくて何か良いです。

さて、ローズリングのサマーセールも、好評の内にいよいよ今週の土曜日までとなりました。
追加の入荷もございましたし、まだまだ素敵なものも残っております。
是非この機会にお立ち寄りくださいませ。

アメリカ製のシルバープレートの花瓶です。
高さ20cm 口径11,5cm 扱いやすく花が活けやすい大きさだと思います。
シンプルですが、口の周りの飾りが美しいです          10000円

f0196455_1731140.jpg
f0196455_1734264.jpg
f0196455_1741485.jpg
f0196455_1743415.jpg

[PR]
by rosering | 2011-07-25 17:07 | その他のアンティーク | Comments(0)

フォトスタンド

フランスから届きました、ツリー型のフォトスタンドです。
1本の木に赤い大きな実のようなフレームが5つ。
可愛い小鳥の雛が、大きな口を開けて親鳥を待っています。
お子さんやお孫さんの写真や、大事なご家族の写真など入れてみてはどうでしょうか。
写真をぱちんと嵌め込むだけのもの。写真をカバーするものは付いていません。
                                           高さ23cm  12000円
f0196455_15384675.jpg
f0196455_15385782.jpg

[PR]
by rosering | 2011-07-16 15:39 | その他のアンティーク | Comments(2)

ワインボトルホルダー

昨日一昨日に比べたら、今日はずいぶんと過ごし易いようですね。
いずれにせよ、冷えたビールの美味しい季節です。
喉越しのビールは本当に美味しいですが、現在ダイエット中の私にとっては危険な飲み物です。
なので我慢して殆ど呑んでいません。
・・・・・・いえ、本当に呑んでいないのです。
代わりと言っては何ですが、たまにワインをいただいています。笑
ダイエット中とは言っても、たまには呑まないとストレスも溜まるというもの。
家では呑まないようにしていますが、時折、Jや友人達と外食する時には美味しくいただくようにしています。

ワインと言えば、今でこそ美味しくてお安いワインがどこでも手軽に手に入りますが、
その昔、私がお酒を呑み始めた頃は、安価な外国のワインなど殆どありませんでした。
日本にワインを飲む文化がまだ無かった頃ですね。
輸入税も高かったのでしょう。外国のワインはあっても高くて手が出ませんでした。
ワインはレストランで特別に呑むもの。
普通に日常飲むようになってからは、まだ30年位しか経っていないのでは無いでしょうか?
サントリーが初めてレゼルブというテーブルワインを発売して、
それが1000円くらいだったかな?お安くて驚いて喜んだ記憶があります。
レゼルブのロゼ・・・懐かしいです。

こちらはフランスのワインボトルホルダー、3本立てられるようになっています。
縁取りに葡萄の模様。ハンドルの部分の模様もシンプルですが美しいです。
ワインを立てて飾っておいても良いですが、このようにグリーンを飾っても似合います。
小さな植木鉢を3個アレンジしてみたら素敵かも。
アイデア次第で色々出来そうですね。             Made in France   13000円
                                            
f0196455_16242023.jpg
f0196455_16243085.jpg
f0196455_16244040.jpg

[PR]
by rosering | 2011-07-02 16:26 | その他のアンティーク | Comments(0)

Three Flowers

「Richard Hudnut」
1880年に、アメリカ人Richard Hudnut氏によって設立されたブランドで、
当時NYとパリの両方に本社を構えていました。
フランスからアメリカに、本格的な化粧品を輸入した最初の会社と言われています。
「Three Flowers 」
1915年頃に作られたこの小さな丸い箱には、今でも白粉(おしろい)がたっぷりと入っています。
蓋を開けると、100年近く経っているとは思えない、驚くほど良い香りが広がります。
箱の色もデザインも、この香りと相まって切なくなるような可愛らしさです。
100年前のフランスの香りを、どうぞお楽しみください。          5000円
f0196455_175089.jpg
f0196455_17502130.jpg
f0196455_17503231.jpg

[PR]
by rosering | 2011-06-20 17:55 | その他のアンティーク | Comments(0)

真鍮のバスケット

帰りまでは降らないで持つかな?と思っていましたが、
とうとう雨が降り出した国立。
予報では明日も明後日も雨。梅雨らしいお天気です。
九州地方は大雨のようですね。どうか被害が出ないことをお祈りします。

さて、今日は真鍮製のシンプルなバスケットのご紹介です。
古びた美しい真鍮色。全体の柔らかなフォルムは、いくら眺めていても見飽きません。
キャンディを入れたり花器にしたり、色々と素敵に使えそうですね。
                          20.5×12.5×5cm  フランス製  Sold
f0196455_17124590.jpg
f0196455_17125791.jpg

[PR]
by rosering | 2011-06-16 17:19 | その他のアンティーク | Comments(0)

アールデコの置時計

とびきり素敵なデザイン、アールデコスタイルの置時計です。
文字盤にに精工舎のSのマーク。ずっしりと重く、重厚感があります。
特筆すべきは上の飾りの部分のデザイン。
騎士が馬に乗っているのでしょうが、馬の顔や尻尾がまるで犬のように見えます。
それがまた不思議な雰囲気ですし、躍動感があってとても素敵です。
横幅 24,5cm 高さ 15cm 8日巻き  完動品   Sold

f0196455_1424147.jpg

[PR]
by rosering | 2011-06-09 14:04 | その他のアンティーク | Comments(0)