<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

新緑

ついこの間、桜が満開だった大学通りが、もうこんなに葉が茂って新緑の季節です。
これはこれで美しく、大学通りをお散歩するのも気持ちがいいですね♪

私は中学生の頃、一ツ橋大学の先にあった小さな学習塾に通っていました。
塾に行く途中の大学通り沿いに「囲炉裏」という喫茶店がありました。
大きな窓ガラスの中には、コの字型のカウンターがありサイフォンでコーヒーを立てていました。
カウンターには煙草を咥えた男の人が本を読んでいたり、お洒落な女の人が楽しそうに店の人ととおしゃべりしたりしているのが見えました。
子供だった私から見たら、その中には凄く素敵な大人の時間が流れていました。
憧れて憧れて、
「大人になったら絶対に来てみよう!」と心に誓った私。
なんということなく、高校2年生の頃にはもうその「囲炉裏」でアルバイトをしていたのですけどね。笑
「囲炉裏」の中から見る大学通りの桜の木。
何故か満開の頃よりも丁度今くらいの新緑の木々の様子が思い出されます。

今、その「囲炉裏」という店は無く、レッドバロウさんのテディベアのお店になっています。
でも建物はそのまま。二階に上がる階段も当時のままです。
「囲炉裏」から「韻」というジャズ喫茶に行くようになり、その当時に出来た友達とは、いまだに仲良く付き合っています。
f0196455_15475099.jpg

[PR]
by rosering | 2009-04-30 15:49 | 国立のこと | Comments(2)

ウィローパターン

大好きなブルーウィローが沢山入荷いたしました。
とりあえずざっくりと撮った写真を!
ウィローコーナーがこれでまた一段と充実します(うっとり・・)
今回の中には1910年頃のWEDGWOODのスープ皿や、大振りのクリーマー
可愛いミニチュアのティーセットなどがあります。
機会を見てまた個別にご紹介しますね。
f0196455_9192529.jpg
f0196455_9193489.jpg
f0196455_9194122.jpg

[PR]
by rosering | 2009-04-27 09:24 | ウイローパターン | Comments(2)

ビスクドール

歳のせいか?最近可愛いお人形が目に止まって仕方がありません。
こちらは1920-30年代に輸出用に作られたMade in Japan のビスクドールです。
長年アメリカで大事に可愛がっていただいて、最近日本に里帰りしました。
ストーンビスクともいわれ、ビスクの上に直接絵付けされています。
少し拗ねたような表情がまた可愛い。
身長は9cmと小さく、赤いヘアバンドとお揃いの鉤針編みの手作りのドレスを着ています。
可愛くて可愛くて・・・常連のお客様がいらっしゃいますと、
「見て見て~!」と自慢げにお見せしています。
今、店の一番席、ウインドウに飾られています。
通りすがりの方にもきっと目に留まること請け合いです。         Sold Out
f0196455_1248480.jpg
f0196455_1248366.jpg
f0196455_12484768.jpg
f0196455_12485838.jpg

[PR]
by rosering | 2009-04-26 12:50 | 可愛いもの | Comments(0)

春爛漫
私の家の庭も今が一番綺麗な時期です・・・
のはずですが、忙しさにかまけて全然、本当にまったく手入れをしていないので、
初夏に向け、何だか鬱蒼としてくる気配むんむん・・・
以前勤めていた会社を退職して以来、数年間専業主婦で家にいた期間がありました。
その時は時間がたっぷりあって庭仕事も楽しくて、通りすがりの方からも、
「綺麗なお庭ですね~」と言っていただいて、
「いえ~それほどでも~」と謙遜しながらも、下を向いてにんまりしていたものですが、
今ではその当時の面影は辛うじてクリスマスローズくらいにしか残っていません。
でもこんな風に鬱蒼とした感じも嫌いではない、かも。
いいんじゃない?無理にでもそう思おうとしています。
f0196455_12422347.jpg






f0196455_12423751.jpg





f0196455_12425299.jpg






f0196455_12431317.jpg






f0196455_1243526.jpg
[PR]
by rosering | 2009-04-24 14:08 | 日々のこと | Comments(0)

くろんぼこけし

意外と若い方でも「こけしファン」と言う方がいらっしゃいますが、
こちらは「くろんぼこけし」です。

1960年代から70年代にかけて流行った、黒人をモチーフにしたもの達。
タカラのダッコちゃんやあのカルピスのラベルなど可愛くお洒落なモノが色々ありました。
(ダッコちゃん!私も持っていました。家の中でも出かける時でも腕に抱きつかせて歩いていたっけ・・・
そのうち飽きちゃって、でもしばらくは部屋の柱に抱きつかせていました。)
1980年代になり、「くろんぼ」という呼び方や「黒人とわかるマーク」をいれることは人種差別である、
ということになり、80年代末にそれらは姿を消していきました。
今になって思えばそれこそ偏見であって、
ダッコちゃんやチビクロサンボはただただ可愛いだけでしたし、
カルピスのマークはセンスが良くお洒落でした。
この「くろんぼこけし」は主に観光地のお土産屋さんなどで70年代前後に売られていましたが、
そのあたりの事情もあって見かけることはなくなってしまいました。
(小さい方 Sold out )
f0196455_1433756.jpg
f0196455_14331667.jpg

[PR]
by rosering | 2009-04-22 14:36 | 可愛いもの | Comments(0)

椅子

こちらは大正時代の小さめの椅子です。
座面までの高さが42cmとやや低めなので、始めは子供用の椅子かと思いましたが、
背の小さなご年配のおばあちゃまが座られて、
「これはちょうどいいわ~」
なるほど、昔の椅子なので今よりも背の低いご婦人も多かったはず。
もしかしたら、女性用に作られたものかもしれませんね。
座面の生地も美しく、傷みも殆んどありませんので、
しばらくは張替え不要だと思います。
大正時代の洋館にあったであろうと思われるこの椅子。
特別あつらえで作られたものでしょう。
美しく良い仕事がなされています。
がたつきやぐらつきも無く、しっかりとした作りです。
(Sold out)
f0196455_1602553.jpg
f0196455_1603869.jpg

[PR]
by rosering | 2009-04-21 16:04 | 小家具 | Comments(0)

誕生日

昨日はお友達のお誕生会にお呼ばれして、行って来ました。
お誕生会と言っても、子供のじゃなくて妙齢の大人の女性。
私より4つ年下のお友達です。
でもいくつになってもお誕生日を祝うって良いことで、
喜んでいる彼女を見ているとこちらまで幸せな気分になれました。
とても可愛がっているその友達の家の小学生の女の子から
「いつもありがとう」と書いてあるお手紙を渡され、涙ぐんでいた彼女。
春爛漫の時に生まれた貴女にも、そろそろ本当の春が訪れても良いのでは?
f0196455_13502180.jpg

                                           1940年代 Noritake 径14cm
[PR]
by rosering | 2009-04-19 14:03 | 日々のこと | Comments(3)

教会

幼稚園と高校がカソリック系だったからなのか・・・・?
昔から妙にキリスト教関係のものに惹かれる傾向があります。
こちらはフランスの聖水入れ。
大理石と真鍮とメタルで出来ています。
聖水が入る部分はガラス製。
大きさは鎖の部分を入れて 約20cm。
教会の入り口にあり、入る時にその水を指に付け、十字を切って入ります。
小さめなのでお御堂のようなところにあったものでしょうか。 Sold Out
f0196455_16241944.jpg

木製で壁にかける大き目のフランスの十字架も2つありましたが、
写真を撮る間もなく売れていってしまいました。

ロザリオも人気ですね。こちらはアメリカのもの。
ファッション性は度外視して、触れてみて祈りが込められたであろうと感じられるものを
なるべく選ぶようにしています。 真ん中の水色 Sold out
f0196455_16271939.jpg


ヨーロッパなどの歴史の古い教会に入ると、それだけで心も身体もしんとするのは何故なのでしょう。
長い歴史の中で数え切れないほどの人々が祈り、懺悔し、それを聞き入れ許す神がそこにいる。
何故かずーっとそこに座っていたくなるようなひんやりとした湿ったような空間。
ステンドガラスに壁画、天使のレリーフにマリア像。
木の椅子も素敵だし、レンガや石の壁。キャンドルや十字架。
何だ、並べてみれば私の好きな物ばかりなのですね。
[PR]
by rosering | 2009-04-16 17:30 | ロザリオ 十字架 他 | Comments(0)

顔写真

生まれて初めて新聞に載ってしまいました・・・
昨日(4月14日)の読売新聞 多摩版  
「道を歩けば」という特集があるのですが、その富士見通り編。
店の紹介と言うよりも、その街の紹介という形。
私のほかには商工会の方や、富士見通りを活気付ける努力をしていらっしゃる方々などが紹介されています。
取材にいらした記者の方が、色々とお話した後で、
「じゃあ写真を撮らせてください」
「あ、どうぞどうぞ。どこら辺がいいですか?」 てっきり店内の写真だと思った私。
「いえ、オーナーの顔写真を・・・」
「えっ!!」

と言う訳で新聞に写真つきで載ってしまいました。
実年齢もしっかり載っちゃってるし・・・
新聞なので年齢をさば読む訳にもいかず・・・
恥ずかし~~  汗
今後新聞にこんなに大きく顔写真が載るなんて、悪い事でもしない限りないでしょう。
でもRoseRingの存在を知っていただけると言う意味において、こういう取材は本当にありがたいことです。
幸運に感謝いたします。

f0196455_13325721.jpg

[PR]
by rosering | 2009-04-15 13:41 | 日々のこと | Comments(0)

出会い

以前サンケイリビングの女性記者の方が店の前を偶然通りかかられて、
取材を受けることになり、3/28号のえるフプラーザにRoseRingの紹介記事を載せて頂きました。
小さな記事でしたが、何人ものお客様から問い合わせがあったり、
その小さな記事を切り抜いてご来店くださる方がいらしたり。
大変ありがたいことでした。
その中でとても良い出会いもありました。
アンティークの世界の大先輩でもある8treesの八木さん。
その八木さんが小さな記事を見つけてくださって、ご来店下さいました。
Webショップのアンティーク屋さんでフランスを始め、イギリスやアメリカなどにも、
どんどんご自身で買い付けに行かれます。
お話も楽しく、学ぶべきことがたくさんあり新米の私としましては、
とても嬉しい出会いでした。
そんな八木さんが、ご自身のサイトの中のブログでRoseRingを紹介してくださいました。
こちらがその記事
オープンして4ヶ月半。まだまだのRoseRingですが、こうやって応援してくださる方もいらして、
少しずつ皆さんに知っていただいて、嬉しい限りです。
大変励みになります。

今日はお休みです。
良いお天気で嬉しい♪
我が家の庭に今、色とりどりのクリスマスローズが沢山咲いています。
あまり日当たりが良くないので、日陰を好むクリスマスローズが育つのには最適。
切花にしても良く、店のディスプレイにも大活躍です。
f0196455_934266.jpg



 
[PR]
by rosering | 2009-04-13 09:08 | 日々のこと | Comments(0)