<   2009年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

カゴバッグ

ヴィンテージ、60年代前後のバッグがアメリカから届きました。

とても懐かしい感のあるカゴバッグ。状態も良くダメージもほぼ無し。
上2点のハンドルはルーサイト。
独特な質感には柔らかい丸みがあり、色艶も美しく気になる傷も見あたりません。

口が大きく開き容量もたっぷり。使いやすい大きさですね。    SOLDOUT
f0196455_16511489.jpg
f0196455_16514848.jpg
f0196455_16515721.jpg

[PR]
by rosering | 2009-07-31 16:58 | ヴィンテージバッグ | Comments(0)

カワセミkokotonさんのブログ

PCの画面の見すぎか、最近どんどん視力が落ちています。
近くのものは良く見えなくても、遠くのものは良く見える!のが自慢だった私の目。
昨日電車に乗っていて車内吊りの広告の文字がかすんでしまい、ドッキリ。
PCから遠ざかる生活をして、遠くの景色でも眺めていれば、少しは回復するのでしょうけれど、
調べ物なども数多くあり、切り離すことは難しいのが現実です。

偶然知ったカワセミkokotonさんのブログ
美しい野鳥の写真には、目も心も癒されます。

キツツキのソルト&ペッパー。プラスチック製 2000円。
f0196455_16264616.jpg

[PR]
by rosering | 2009-07-30 16:28 | 可愛いもの | Comments(4)

グローブキャッチャー

またまた私の心をくすぐるものを見つけてしまいました。
これは50年代のアメリカ製のグローブキャッチャーです。
手袋をはさんでハンドバッグに下げるもの。これって実用的でとても便利なんです。
凝ったフィリグリー(すかし)の金色メタル。
アメリカ製ですが、フランスのアンティークのような風合いでとても美しいです。
                                              Sold Out
f0196455_155217.jpg
f0196455_1552890.jpg
f0196455_1553731.jpg

[PR]
by rosering | 2009-07-29 15:08 | ジュエリー  | Comments(2)

絵タイル

タイルが好きです。
何故だかよく分かりませんけれど、子供の頃から好きでした。
そう言えば、昔のお風呂って床やお風呂桶がタイル張りだったりしましたよね。
洗面所とか流し台もタイルだったこともありました。(歳がわかります・・・)
記憶の中のタイルは可愛い色で絵付けがしてあったりして、たぶんそんな色合いが好きだったのだと思います。

スペインのタイルやポルトガルのタイル。カラフルで色も絵も可愛くて。
今でもタイルを沢山扱っているお店に行くと眼が釘づけになってしまいます。

そんなタイルも古いものはやはり素敵です。
こちらはデルフトの18世紀頃のもの。ダメージもありますが、絵の部分は美しく残っています。
                                                  Sold
f0196455_1751152.jpg

こちらの兵士の絵のデルフトタイルはもう少し時代が下がり、100年ほど前のもの。
可愛い絵です。兵士の服の色合いがとてもお洒落です。  1枚5000円  左上 右下 Sold Out
f0196455_17585287.jpg


古いほうは額装して飾っても良いでしょうか。
兵士のタイルは状態が良いので、キッチンのタイルとして実用にも良いですし、鍋敷きにしたりしても素敵。
[PR]
by rosering | 2009-07-28 18:10 | その他のアンティーク | Comments(0)

赤いカーテン

何人かのお客様から
「自宅の写真を見たい。チラッとで良いから見せて」とリクエストが・・・・。
「いやぁぁぁ お見せするような家じゃぁないんですけどぉぉぉぉ」
特に店を始めてからお掃除も行き届いていないし・・・(完全な言い訳)

今日はお休みです。
お休みの日はブログもお休みしていましたが、これから週に一度、恥ずかしながらプライベートをチラッとご紹介させていただこうかと思います。(出来る限り)

「家のリビングのカーテンは赤です」と言ったら、驚かれたお客様がいました。
15年ほど前、家を建て替えて壁をすべて漆喰にした時、
「何だか真っ白で病院みたいでイヤだな」と感じた私。
カーテンやクッションなどのファブリックで色を入れていこうと思いました。

この赤いカーテンは「チャイナシーズ」のもの。2階のリビングの窓、2箇所に下げています。
伊勢丹にあった「チャイナシーズ」。
カーテンやベッドカバー、クッションやソファカバーなど、何枚も作りました。
オリエンタルな柄が大好きだったのに、今はもう取り扱わなくなってしまいましたね。(食器類はまだ見かけますが)
どこか買えるところを、どなたかご存知じゃないですか?


赤い色を暮らしの中に上手に取り入れると良いです。
基本はシンプルに。所々挿し色的に赤を入れてみます。
赤い色はお洒落で、そしてそれにはパワーがあります。
f0196455_1717153.jpg
f0196455_17172255.jpg

ベランダの窓のカーテンもチャイナシーズ。
f0196455_1719767.jpg

f0196455_17191456.jpg

冬になったら大活躍する薪ストーブです。1年に1、2度、煙突から雀が入り込み出られなくなります。
ストーブの扉を開けて逃がす訳ですけど、当然のことながら家中を雀が飛び回ります。
アビ(老猫)が生きていた頃、アビがいるのを忘れて扉を開けてしまい、
ピアノの上に止まった雀を見て1瞬にして野生化したアビ。
目を光らせて、そぉ~~っとそぉ~~っと近づいていき・・・
(うゎぁぁぁああああ)←言葉にならない私の叫び。
歳を忘れたアビが高くジャンプして・・・一撃でした・・・・。
f0196455_17201022.jpg


写真に写すと何だかごちゃごちゃしていますねーー。
今後も特別に片付けたりしないで写真を撮ると思います。
(面倒なので・・・でもあんまり汚いところは撮りません 笑)
お許しくださいね~~。
[PR]
by rosering | 2009-07-27 17:58 | 日々のこと | Comments(4)

カーディガンクリップ

昔、若かった頃、アンサンブルニットが好きで良く着ていました。
色も黒やネイビーやグレー、水色や若草色も持っていましたっけ。
下はその時によって、チェックのプリーツスカートだったり、タイトスカートだったり。
真珠のネックレスやイヤリングをして、大人の女っぽく装うのが好きでしたね~~。

そんなツインニット。カーディガンは袖を通さずに肩にふわりと掛けて。
細めの肩に引っ掛けるようにする着こなしは、男心をくすぐる、とか??笑

そこで登場するのが、このカーディガンクリップ。
肩に掛けたカーディガンの両端を止めて、肩から落ちないようにするもの。女らしいアイテムのひとつです。
他にも風に飛ばされないように帽子と襟を止めたり、ブローチ代わりにしたりしてもいいですね。
f0196455_1825951.jpg
f0196455_18251721.jpg
f0196455_18252629.jpg

                                     上 ラインストーン  Sold
                                     下 フェイクパールにゴールドメタル Sold
[PR]
by rosering | 2009-07-26 18:59 | ジュエリー  | Comments(0)

新店舗 準備中

昨年の11月23日にOpenして早8ヶ月。
お陰さまで無事に順調に過ごさせていただいています。皆様には本当に感謝いたします。

RoseRingの人気商品の1つに「家具」があります。
古い家具は長い年月を経て、その木肌が滑らかで良い色艶に変化し、
現代の物では得られない、落ち着いた何とも言えない良さがあります。
しかし、この狭いRoseRingの店内では家具を置くスペースが限られていて、今まで仕入れも思う存分出来ませんでした。

そこでこの度、国立駅前に新しく「国立古家具・骨董ギャラリー」をOpenすることになりました!
今回は私達だけではなく、一緒にやってくださる頼もしい相棒が2人います。
「骨董ギャラリー」と名付けたのは、その方達が骨董を扱うから。
一人は私の骨董の師匠でもある高岡さん(通称 編集長) もう一人はその相方の石井さん(通称 トシモンさん)
お2人とも知識豊富なベテラン。味わい深く美しいもの、面白く珍しいものなど沢山お持ちです。
2人は主に和骨董や古道具、絵画などを扱う予定。
RoseRingとしては家具をメインにと考えています。スペースが広いので J の「古家具修理工房」も兼ねようと思っています。

場所は国立駅南口から徒歩1分、アイビィ国立506(通称国立デパート)
国立デパートと言えば知る人ぞ知る、国立に古くから住んでいる人は皆知っている、古~いマンション。
大変味わいのある建物です。
ご縁がありまして、そのマンションの5階を貸していただくことになりました。(深く感謝)

只今着々と準備中です。編集長・トシモンさん・J 、男3人張り切っています!!
Openは9月初旬を予定しています。今後このブログで、そちらの様子も随時お知らせしていきますね。

このRoseRing共々、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
f0196455_1434134.jpg
f0196455_1434228.jpg
f0196455_1434293.jpg
f0196455_14343763.jpg
f0196455_14344711.jpg

[PR]
by rosering | 2009-07-25 14:37 | 古家具・骨董ギャラリー | Comments(2)

売らない骨董屋さん

昨日のこと。
ご近所にある国立では老舗の骨董店「T堂」さんへ用事があってお邪魔していました。
T堂さんは以前は小売もしていらっしゃいましたが、今はしていません。
お店は開いていても一般のお客様には売ってくれない不思議な骨董店です。
もちろん素敵な品物が沢山です。いつも伺う度に、天井から床まできょろきょろしてしまって、落ち着かない私。
そんな店内で素晴らしい骨董&アンティークの数々に囲まれて、社長Sさんは猫を撫でながらいつもニコニコとしていらっっしゃるのです。

「どう。景気は?」と社長。 「お陰さまで、まあまあです」と私。
「そうかぁ、売れてるんだぁ。売れちゃうと寂しいでしょ?」と社長。

そうなんです。骨董屋というこの商売。もちろん、好きでやっている訳ですから、仕入れも楽しい楽しい♪
しかし、仕入している中で「これはっ!」という自分の中での凄いお気に入りが、たまに見つかる訳です。
もちろん、どうしてもどうしてもどうしても手放したくないものは、抱きかかえて家に持って帰り、誰にも何も言われないうちに、こっそりと隠します。
でも、「どうしようこれ、すっごく素敵だけどなぁ、どうしようかなぁ・・・」と一人でぶつぶつ言っていると、
すかさず J がやってきて「そんなこと言ってたらきりが無いだろう」と。

そうなんです。分っているんです。私が自分で素敵だと思っているものは、お客様にとっても素敵な物。
それをいちいち自分ひとりで抱え込んでいたら、商売になりません。
悩みながら「これはきっとあのお客様に似合うだろうなぁ」と思い、店頭に飾ります。

・・・と言う訳で、今日も売れました。とっても美しいルーサイトのパーティバッグとゴブラン織りのバッグ。
I さん、気に入ってくださって、ありがとうございました。すごくお似合いでした。

私が自分で思い描いた通りに、そのお客様に似合って、そして気に入ってくださると、とても嬉しいです。
また頑張って素敵なものを探そう!という意欲に繋がります。

T堂さんが小売をしない訳は・・・そうなんです。好きな物に囲まれていたい=売りたくない、なんですね。
f0196455_1458472.jpg

[PR]
by rosering | 2009-07-24 15:01 | 日々のこと | Comments(0)

Jungfraujoch (ユングフラウヨッホ)

ユングフラウヨッホとは、スイスにある標高3454mの山。
これはそこの70年代前後のお土産だと思われます。
山小屋の姿かたちも色合いも可愛くて、アルプスの少女ハイジ を連想してしまいます。
スライドが8枚付いていて、後ろの覗き穴から覗くとカラーの写真が見えます。
山小屋の白い煙突の所をカシャカシャ押すとフィルムが変わり、
雪山や登山列車や犬ゾリの写真などを見ることが出来ます。
箱に入っていたので本体は綺麗です。箱の絵も可愛いですね。
                   屋根の一番高い所まで4.5cm Sold
f0196455_124239.jpg
f0196455_1241150.jpg
f0196455_1242016.jpg

[PR]
by rosering | 2009-07-23 12:12 | 可愛いもの | Comments(2)

ヴィンテージ バッグ

昔からバッグが好きでした。
バッグと言っても皮製のきちんとしたハンドバッグでは無くて、どちらかと言えば布製の袋のようなもの。
ラルフローレンのトートバッグや紀伊国屋さんのショッピングバッグも大好き♪
今でこそエコバッグとか言って皆持っていますが、そんなものとっくの昔からいくらでも持っていました。
あんまり好きすぎて「ふくろおばさん」とか言われたことも・・・・

こちらは1960年代、アメリカ製のゴブラン織りのハンドバッグです。
柄はルーサイトで口金の所にも同じルーサイトで飾りが付いています。
大きなダメージは無く、良いコンディション。中の布地の状態も良いです。
ゴブラン織りというのも好きなアイテムの一つ。
今こんなバッグを持っている女性ってあまり見かけません。もし持って歩かれたらとってもお洒落で素敵です。
                                                      Sold Out
f0196455_17451852.jpg
f0196455_17452650.jpg
f0196455_17453497.jpg


仕入れの目がバッグに向いてからというもの、バッグ好きの虫がムラムラとしてきて、
「あっ!これ素敵!あっ!あれも素敵!!」今の私はそんな状態です 笑
少し数を揃えようかと思っています。バッグ好きの皆様。乞うご期待です。
f0196455_17513110.jpg

                                    Sold Out
[PR]
by rosering | 2009-07-22 18:00 | ヴィンテージバッグ | Comments(2)