<   2010年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

夏休みのお知らせ

誠に勝手ながら、8月は沢山お休みさせていただくことになりました。

・定休日の月曜日に加え、毎週日曜日もお休み。
・8日(日)から16日(月)まで お休み。

8月の約半分をお休みすることになってしまいますが、どうかお許し下さいませ。

                              ローズリング & 古家具骨董ギャラリー 
[PR]
by rosering | 2010-07-31 16:11 | お知らせ | Comments(0)

マリア様

尋常ではないこの蒸し暑さ。
この湿度はいったい何なのでしょう?

眩暈。

外に出て思わず固く目を閉じてしまいました。

雷が鳴り、突然の大粒の雨が降る国立です。
この雨で少しは涼しくなってくれるのでしょうか?

とにもかくにも7月も今日で終わり。
明日からは8月のカレンダー。
まだまだ暑い夏は続きます。

姿形が大変美しいマリア像が、フランスより届きました。
慈悲深い優しいお顔。佇まいもたおやかです。
材質は金属メタル。重みがあります。 
台座にはルルドの奇跡の絵が刻まれています。        高さ22,5cm 12000円 
f0196455_1424317.jpg
f0196455_14241555.jpg

[PR]
by rosering | 2010-07-31 14:28 | ロザリオ 十字架 他 | Comments(2)

夏用のヴィンテージカゴバッグ

今日も朝から小雨模様のどんよりとしたお天気。
何となく気分も滅入り気味です。
でも、ちょっと涼しいのも今日まで。
明日からはまた暑い日が続きそうです。

嫌なことが続いている生活の中から、少しでも良い方向に物事を考えて、
前向きに生きていこうとする人がいます。
逆に些細なことに落ち込んで、悪い方悪い方に考えが行ってしまう人がいます。
傍から見ると、嫌なことが続く中、明るく生きようとしている人の方がよほど過酷な人生で、
些細なことを気に病む人は、思い悩むほど大変でもなかったりします。
性格的なものなのでしょうが、逆境にもめげず、明るく立ち向かっていく人は魅力的です。
ぐずぐずと思い悩んでしまう人は、自分から悪いものを引き寄せているようにも見えます。

焦げ付くような暑い今年の夏。
辛く嫌な想いは、この暑い太陽の日差しで焼ききってしまいましょうか!

アメリカから夏用のカゴバッグが届きました。
2点とも色合いが似ていますね。

これは上のふたの部分が上方向に両側が開きます。骨格は木製。下からハンドルを含む高さ 31cm 13000円
f0196455_12152876.jpg
f0196455_12153819.jpg


こちらは 上部が左右に大きく開くタイプ。中は布張りです。ハンドルを含む高さ34cm。Sold 
f0196455_12193083.jpg

[PR]
by rosering | 2010-07-30 12:23 | ヴィンテージバッグ | Comments(2)

桑田佳祐

久しぶりに朝からきちんとした雨が降っています。
いつもより涼しい東京・国立です。

「サザンのコンサートはいつも雨」

昔よく行った西武球場でのコンサートは、本当にいつも雨でした。
ドームになる以前の西武球場。サザンのコンサートにビニール合羽は必需品でした。

サザンの桑田と私は同年代。
私がサザンの曲を始めて耳にしたのは、1978年のこと。
たまたま付けたラジオから流れてきたのは、かの名曲「勝手にシンドバッド」でした。
メジャーデビュー直前だったのか直後だったのか。
その時の衝撃は今でも忘れられません。

「凄いのいるよ!凄いよ!聞いた?」
やたらと触れ回っている内に、それを聞きつけたどなたかから貰ったのがこのレコード。見本盤です。
「これあげるからもっと宣伝してね」
そんなことを言われたように記憶しています。

コンサートにも何度行ったことでしょう。
「サザンのチケット余っているけど行かない?」
なんて誘われるような時代。
行きたければコネでいくらでも良い席が取れた時代でした。
私のクローゼットには、そんなコンサート会場で買ったTシャツが何枚も。
一番最近買ったのは、一昨年のラストライブ「真夏の大感謝際」での赤いTシャツです。
今年は伊豆の海で何度も何度もそのTシャツを着ようと思っています。

桑田が病床に臥している姿なんて、想像が出来ないんです。
桑田が80歳を過ぎて、派手なアロハを着てかっこ良くステージで歌い踊っている、
そんな姿ならいくらでも想像が出来ます。

必ず復活してくれることでしょう!
桑田の力を信じ、祈り、待ち続けましょう!

まだまだやって貰いたいことは沢山あるのです。
万が一声が出ないようなことになったとしても、
桑田なら必ず何かの形で復活してくれるでしょう。
生きていてくれさえすれば、それだけで良いのです。
f0196455_15232616.jpg
f0196455_1523346.jpg

[PR]
by rosering | 2010-07-29 15:27 | 日々のこと | Comments(2)

仕入れ

アメリカからバッグやジュエリー、フランスよりマリア像や小物類などが届きました。
明日からまた少しずつアップしていく予定です。
[PR]
by rosering | 2010-07-28 15:57 | お知らせ | Comments(2)

J はたまに仕事の関係で車で群馬方面に行きます。
そのたびに群馬のJAで、美味しくてお安い野菜を買ってきてくれます。
昨日はそんな野菜たちの中に、こんな葉っぱの付いた、瑞々しい桃がありました。
桃の葉は触るとすぐにポロリと取れてしまいます。
葉っぱが付いたままの桃って、なんだか珍しい。とても綺麗だったので写しました。
デジカメが無かったので、携帯で。
f0196455_15342095.jpg

[PR]
by rosering | 2010-07-28 15:35 | 日々のこと | Comments(2)

涼しげなガラスの器

言葉を失うほどの暑さ。
ブログを書く気力も萎えそうです。

とは言え、店の中はエアコンが効いていて、と~っても涼しいのです。
だから私の身体がだるいのは冷房病?
とにもかくにも、体調を崩さないように、と言うか、死なないように気をつけなければ、のほうが当てはまる感じ。
熱中症で亡くなった人の半数は屋内でとのこと。
水分を摂りましょうね。意識してお水やお茶をどんどん飲みましょう。
ビールばかりじゃ駄目なんですよね。

今朝、ベランダの野菜やお花達に水をあげていたとき、
「もし、朝の水遣りを忘れたら、夕方にはこの野菜たちは死んでしまうな」
と感じました。
それほどの、熱気、日差しの強さ。
地球上の生き物達が危ない感じです。

あと2週間ほどでお盆休みに入るという方も多いはず。もう少し、頑張りましょう。

先日のC&Sに引き続き、オパールーセントガラスの器です。
これは花器?でしょうか。
涼しげにお花を生けても良し。
キャンディ入れにしても。     直径 17cm 4500円
f0196455_15113246.jpg

[PR]
by rosering | 2010-07-27 15:14 | ガラス 壜  | Comments(0)

コンポジションドール

とても可愛いお人形のご紹介です。
この子はアメリカ Effanbee社のコンポジションドール、パッツィちゃん。 
コンポジションドールとは、おがくずや粘土などをニカワや樹脂などで固め、型に流して作られたお人形のことで、
ビスクドールより後の1930~1950年頃にアメリカを中心に生産されました。
ビスクドールに比べ、軽く、そして割れにくいのが特徴で、アメリカを中心に数多く作られました。
欠点は、環境により表面にクラックが入りやすく、現在ではコンディションの良い状態のものは数少なくなっています。

このパッツィーちゃんも良く見ると、お顔の表面にクラックが入っていますが、顔の部分に剥離はありません。
指先、特に左手は剥離が目立ちます。
お洋服もすべてオリジナルと見られ、帽子、靴も揃っていますが、汚れも目立ちます。
パッツィドールの特徴であるショートボブヘア、くりっとした目、おちょぼ口がとても可愛い。
丁度良いアイアンのロッキングチェアがあったので、座らせてみました。  身長 約25cm  Sold
f0196455_15315455.jpg

f0196455_1532758.jpg

f0196455_15313779.jpg

[PR]
by rosering | 2010-07-25 15:35 | 可愛いもの | Comments(0)

苺模様のバッグ

久しぶりにアメリカから、木製のバッグが入荷しました。
可愛い苺の絵のバッグです。
全体的には黄色でペイントされていて、
苺と花の部分は手書きのデコパージュ。
ハンドルはアイボリーホワイトのベークライトです。
苺の絵は前と後ろ、そして蓋の部分に。
内側はグリーンのフェルトでとても綺麗な状態。
蓋の内側に鏡が付いていて、若干のダメージがありますが、
それ以外は、全体的に見てとても良い状態です。
ハンドルを立てた状態の上までの高さ 24cm  USA  Sold
f0196455_17372936.jpg
f0196455_17373949.jpg
f0196455_17374625.jpg
f0196455_17375484.jpg

[PR]
by rosering | 2010-07-23 17:42 | ヴィンテージバッグ | Comments(0)

キッチン

殆どの学校が夏休みに突入して何が大変かって、子供達のお昼ご飯作りでしょう。
普段学校給食にお世話になっていると、そのありがたみを痛感する時期でもありますよね。
育ち盛りですもの、栄養バランスも考えなくてはならないし、本当に大変。

先日伊豆に行った時、一緒に行ったメンバーの中には、大変お料理上手なパパがひとり。
小学生の女の子のパパですけど、ママが忙しいのもあって、お料理の腕前はかなりのものです。
伊豆でもどんどん手料理を振舞ってくれて、そればかりか片付けや洗い物までてきぱきと。

もうひとり、青森の漁師さんの息子がいまして、彼は海でももちろん大活躍。
獲った魚をさばいたり、サザエでカレーを作ったり。
家に戻ってからは、粉から手打ちうどんを打って、皆に振舞ってくれました。
鯖節できちんととった出汁も、もちろん驚くほど美味しい~♪

お料理出来る男の人って、す・て・き!
いつもはお料理作りで結構忙しいRちゃんと私も、今回はちょっと楽ちん。
総勢10人近い食卓でしたけど、とても助かりました。
二人で顔を見合わせて、
「人が作ってくれるものって美味しいね~♪」

昔は「男子厨房に入るべからず」という言葉がありましたけど、
今はお料理や家事が出来る男子は、ポイントが高いらしいです。
もちろん家庭の中で、役割分担というものはありますけど、
積極的に家事を助けてくれる男の人は素敵です。
男性の方々、頑張りましょう!

こちらはフランスのもの。
一応フックから取り外せるので実際に使えますが、やはりインテリア的な要素の方が強いと思われます。
さほど時代があるものではありませんが、キッチンにディスプレイされたら素敵です。    Sold
f0196455_125597.jpg
f0196455_12551931.jpg
f0196455_12552689.jpg

[PR]
by rosering | 2010-07-22 12:59 | 食器 カトラリー | Comments(2)