<   2010年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

クリスマスジュエリー

明日から師走。今日も昨日より寒く感じます。
いよいよ冬なのですね。北海道は雪だそうです。

クリスマス用のジュエリーがアメリカから届きました。
可愛いものが沢山!
近日中に一つずつご紹介いたします。
f0196455_1831916.jpg
f0196455_1832662.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-30 18:03 | ジュエリー  | Comments(2)

ディナーセットを入れた書棚

昨日ご紹介したディナーセット↓ を店でご覧になったお客さま 
「うわぁ・・・素敵」とおっしゃる方が何人も。
そうでしょう、そうでしょう。だって本当に素敵ですもの。
そこでまたこれについて話に花が咲きます。
「良いものを見せていただいたわ」とか言っていただくと、骨董屋冥利に尽きます。

このセットを収めるために、家からこの棚を運び入れました。
f0196455_15404494.jpg

先日の模様替えのページにちらっと写りましたが、こんな感じに収めてあります。
f0196455_15343367.jpg

下にはウイローパターンを。
f0196455_1535215.jpg

この書棚もシンプルで中々良いです。下に引き出しも付いていて使い勝手が良さそうです。

このような古い日本の家具がギャラリーには沢山置いてあります。
今、商品入れ替えのため、かなりお安くお値下げしています。
どうぞ古家具骨董ギャラリーにも、足をお運びください。
[PR]
by rosering | 2010-11-28 15:41 | 食器 カトラリー | Comments(0)

名陶 ディナーセット

昨日ちょっとだけお見せした、カップ&ソーサー。
名古屋製陶所の、輸出用に作られたものです。
名古屋製陶所とは、
「明治44年(1911)に設立された帝国製陶所が、6年後の大正6年に名古屋製陶所と名前を変え、
 ノリタケや、日本陶器などと共に陶器の輸出、そしてその後日本国内の洋食器の普及に取り組んだ。
 昭和44年に一度幕を閉じるも、46年に鳴海製陶所として発足,現在に至る」  
とあります。
そう。皆様良くご存知の「鳴海製陶」の前身なのですね。

裏には MEITO NORLEANS ROYAL OAK Japan とあります。
NORLEANSというシリーズ。何種類か作られ、そのうちの一つがこの ROYAL OAK です。

戦前か戦後、いつ頃作られたものなのか、時代を確定したいなあと思いながら、
一枚一枚洗って拭いていたときに見付けました。
すべてのお皿には、小さく Japan と 入っていましたが、
一番大きなディナープレート12枚のうちの1枚だけに、
小さく Made in occupied japan と書いてありました。
これは1945年から1952年までの7年間に作られたものです。

オキュパイドジャパン
戦後直ぐ輸出用に作られたものには「オキュパイド」と刻印しなくてはならないと定められていたその時期。
日本が戦争に負け、アメリカの占領下だったことを示すこの文字を、場合によっては屈辱的に感じ、
メーカーによっては、このように小さく入れたり、又はブランド名をわざと入れなかったりしたこともあったのです。
現在では、そのoccupiedの文字によって時代が明確に分かり、ある意味コレクターズアイテムともなっています。

今回手に入ったこのセットは、12人用。
内容は、
ディナープレート(27cm)・ブレッド&バタープレート・スーププレート・デザートプレート 各 12枚  
サラダプレート 9枚
オーバルプレート 2枚(45cm・33cm)・ ラウンドベジタブルプレート(31cm) 1枚
カバードベジタブルディッシュ・ソースポート・クリーマー・シュガーポット 各 1個
C&S 12客

基本的に12人用ですが、何故かサラダプレートだけ9枚しかありません。
これは輸出用に作られましたが、おそらく輸出されず国内で留まっていたものと思われます。
殆ど使われなかったと見え、使用感はあまりありません。
豪華なこのセット。その中のサラダ皿3枚だけ日常使いにしたのかな?などと想いをめぐらせます。

シックな色合いの団栗の模様。洗練された美しいデザインです。
その当時、どれほどこのセットが豪華なものだったのか、想像するに余りあります。

戦後直ぐ、失意のどん底にあった日本。
混乱のさなか、物資の乏しい中、私達日本人が作ったものです。
ノリタケにせよ名陶にせよ、日本人のセンス、才能は当時から素晴らしかったのです。
同じ日本人として、このような品物に出会うと大変誇らしく、感動すら覚えます。

いずれにせよ、どこかのお屋敷から輩出されたのであろうこのセット。
長い年月、ばらばらにならずにここまでいてくれたものです。
出来ればこの先も揃いでいてくれたらと願います。
お嫁入り道具の一つとして、どちらかに幸せな形で嫁いでくれたらと。   76ピースセット  SoldOut
f0196455_16284870.jpg
f0196455_16292317.jpg
f0196455_16295092.jpg
f0196455_1630390.jpg
f0196455_16301346.jpg
f0196455_16304097.jpg
f0196455_16304887.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-27 16:55 | 食器 カトラリー | Comments(2)

カップ&ソーサー

戦後直ぐの名陶(名古屋製陶所) C&Sです。
当時としては大変ハイセンスなデザイン。
このことについて、明日詳しくUPしたいと思います。
f0196455_1813136.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-26 18:15 | 食器 カトラリー | Comments(0)

ペントレイ

f0196455_17242611.jpg
アールヌーボー期、フランス製のペントレイです。
材質はシルバープレート。裏に H.V.P &co の刻印があります。
細部までのデザインが本当に美しい。
このトレイにはどんなペンを入れたら似合うでしょうか。       22,5×9cm 8000円
f0196455_17231812.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-25 17:25 | その他のアンティーク | Comments(4)

模様替え

3年目に入り、昨日また少し部分的に模様替えしました。
f0196455_1740148.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-24 17:40 | 食器 カトラリー | Comments(4)

2周年

一昨年の11月23日、2年前の今日。ここローズリングはオープンしました。
手探りの状態から、どうにか始めた店でしたが、皆様に支えられて2年という月日を過ごすことが出来ました。

一口に2年と言っても、私もその間、2歳年を取った訳です。
生まれたての赤ちゃんが歩くことを覚え、片言の言葉を話す事が出来るようになる程の年月です。
そう考えると、ここ国立富士見通りで2年もの間、無事にこの店を続けられたと言うことは、
凄いことだなあ とつくづく思います。

オープン当初から良いお客さまに恵まれ、お客さまに支えられ、育てていただいたローズリングです。
そんな皆様のお陰で、無事2周年を迎えることが出来たことを、心より深く深く感謝いたします。

今日はそんなオープン当初からのお客様お一人お一人のお顔を思い起こしながら、一日を過ごしました。
本当に感謝の気持ちで、胸が一杯になりました。
これからも初心を忘れずに精進してまいりますので、今後ともローズリングをどうぞよろしくお願い申し上げます。
f0196455_17254156.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-23 17:31 | 日々のこと | Comments(10)

ジュエリー色々

クリスマスの飾りつけをしようしようと毎日思いながらも、
ドアのリースとトナカイ&サンタを飾っただけで挫折しているわたくしです。
でももう11月も後半。そして来週には12月に突入。あっという間!ですねえ。

何かと気忙しい毎日ですが、クリスマス・お正月に向けてジュエリーを沢山買い付けて来ています。
年内にご紹介しきれないかも、と思いますが、少しずつでもと心に誓い。

洋ナシを模った小振りのブローチ。グリーンのラインストーンに葉っぱは黄色いエナメルで。
小さいながらも個性的なデザイン。                         長さ4cm JJ Sold
f0196455_17513568.jpg

渋く光るクリアなラインストーンが並ぶシンプルなイヤリング。クリップ式です。
ゴールドトーンの台も落ち着いた渋い色合いになっています。 長さ3cm Sold
f0196455_1752036.jpg

雪を被ったツリーのようなイヤリング。ぶら下がるタイプです。
メタルに白いペイント。お花の一つ一つの中央には古いラインストーンが。ペイントに少しだけ剥げが見られます。
                                                長さ5,5cm Sold
f0196455_17522179.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-21 17:54 | ジュエリー  | Comments(4)

古いガラス戸

f0196455_14293856.jpg

突然ですが、これは我が家の玄関です。
ご覧の通り、木のドアの四隅に、クリアガラスと模様のガラスが二重に嵌め込まれています。
以前、この模様と違うガラスが入っていたのですが、
その中の1枚の模様ガラスの方に、原因不明のひびが入ってしまいまい、
取り替えなければならなくなりました。
以前のガラスは輸入もので、量産されたものではなかったので、現存はしていませんでした。
よって、取り替えるなら4枚全部変えなければなりません。

色々考えて、どうせ変えるなら昔のガラスにしよう、と言うことになり、
先日の仕入れの時に、古いガラス戸を2枚買い付けました。
それがこの模様ガラス 「きらら」です。
1963年に日本板硝子が発表したもので、当時としては大変高度な技術を要したということ。
とてもヒットしたそうで、どこかで見かけたような、とても懐かしい模様です。
f0196455_14301094.jpg

このガラス戸2枚を、ガラス屋さんでサイズに合わせて4枚切り出してもらい、
それをJが嵌め込んでくれました。

「きらら」という文字通り、光の加減できらきらと色々な表情を見せてくれ、まるでクリアなステンドガラスのよう。
玄関も以前より明るくなり、私の満足度はかなり高いです。

ダイヤガラスやモールガラスなどの古いガラス戸は、骨董の業者市で色々と出てくることがあります。
もし、ガラスの入れ替え等お考えの方は、ご用命承ることも可能です。
ちょっとした工夫や努力で、暮らしは素敵に生まれ変わることが出来ますね。
f0196455_14305846.jpg
f0196455_143176.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-20 14:39 | ガラス 壜  | Comments(8)

ごめんなさい

ブログを更新出来なくて申し訳ありません。
昨日も一日中仕入れで、今日も忙しく時間が取れません。
風邪は引いていません。元気です!
明日は必ず更新いたします。お許しくださいませ。
f0196455_18501428.jpg

[PR]
by rosering | 2010-11-19 18:50 | 日々のこと | Comments(0)