人気ブログランキング |

羊子さんのこと

先ほど仕入れの業者市から帰ってきました。
朝から凄い雨だったので、荷もやや少なめで早く終わってしまいました。
でもまあ、私なりに頑張って仕入れて来ましたので、また見にいらしてください。

月に1度位ですけど、Jも一緒に行く仕入れがあり、そのときに店のお留守番をお願いしている「羊子さん」。
そのときにいらしたお客さまから「お母様ですか?」と尋ねられることがあります。
実の母ではありませんが、Jと私にとっては「国立の母」なのです。

国立の南口駅前にマクドナルドがあり、その横に細い路地があります。
そこを入っていくとすぐの左側に「韻」というジャズを流す小さな店があります。
羊子さんはその「韻」の、初代ママだった人なのです。

もうかれこれ35年ほど前、その店を介して私は沢山の友と出会いました。
何を隠そう、Jと出会ったのも「韻」でした。
今の韻は夜だけの営業ですが、その当時は昼間はジャズ喫茶、夜はジャズバーという営業形態。
毎日のように大勢の客が集まって、昼も夜もはっきり言ってドンチャン騒ぎ。
鰻の寝床のように細長い店の木のドアを、ぎぃっと開けると、人がこぼれ出てくるような毎日。
・・・・青春でした。
年齢も職業も様々、学生もいれば社会人もいて、私はそこで色々な人生を学びました。
今でもその時の沢山の仲間との友人関係は続いていて、良く集まります。

羊子さんはその当時からずっと変わらず私たちと共にいてくれます。
羊子さんがいてくれるので、私たちも35年もの間、友人でいられたのだと思うのです。
f0196455_171044100.jpg

by rosering | 2009-11-14 17:25 | 日々のこと | Comments(0)


<< キャンドルホルダー 仕入れ >>