人気ブログランキング |

カテゴリ:マラソンのこと( 59 )

板橋Cityマラソン

先日の日曜日、板橋Cityマラソンに出場してきました。
昨年11月の湘南国際・12月の那覇 に続く3回目のフルマラソンです。
コースは荒川河川敷。
板橋区→北区→荒川区→墨田区→江戸川区と走って、
折り返しは荒川大橋。もう少し行けば東京湾というところまで走ります。
コースの特徴としては全体的にフラット。
風が強いことが多いので有名なレースですが、今回はその風も殆ど無く、
涼しい曇り空の元、快適なスタートでした。
今回くにたちRからの出場は4名。
湘南国際で私は5時間14分というタイムだったので、
心ひそかに5時間切りを目指しました。

走り始めは快調で、20キロ地点では
「これは5時間切りどころか、4時間40分くらいで帰れるんじゃない?」
なんて妄想も膨らみます。
桜も満開で綺麗~~♪スカイツリーも目の前に!

ところが25キロを過ぎた辺りで、がくっとスピードが落ちます。
「腰が・・・痛い」
河川敷のコースの途中に工事中の砂利道があったりしたせいでしょうか、
走る一歩一歩が腰に響きます。
腰が痛いために股関節や右足全体が痺れてきました。
痛くて痛くて・・・そんな中
痛いのは気のせいだなんて書いてあるのぼりを発見。
「気のせいか・・ そうじゃないよね」
どうにも我慢が出来なくなって、少し歩きます。
少し歩くと痺れも弱まってきて、また少し走ってみます。
また痛くなって歩く、そしてまた走ってみる。

このレースの最大の特徴は、エイドステーションの充実度にあります。
42.195キロの中に15箇所もあるステーション。
バーム・お水・バナナ・オレンジ・レーズン・チョコ・アンパン・クリームパン・金芽米のおにぎり などなど。
そしてお楽しみの35キロ地点のシャーベットステーション。
この地点でのシャーベットの美味しさは格別でした。

そんなエイドや、ボランティアの方々や沿道の応援の方々の声援に支えられ、
どうにかこうにかゴール!
途中、怪我人の収容車も沢山走っていて、
思わず「乗せてくれ・・・」と言いそうになるのをぐっと我慢。
何度も心が折れそうになりましたが、
走っては歩く、歩いては走るのを繰返し、ぎりぎり4時間58分でのゴールでした!
途中「もしかしたらまだ間に合うかも」の気持ちだけが心の支え。
ゴールで待ってくれていたJは、
「きっと5時間切って帰って来ると思ってたよ」と言ってくれました。
そんな彼も自己ベストの4時間31分台。
4人全員自己ベスト更新で、とても達成感のあるレースでした。

走っている時は苦しくて「もうフルマラソンはやめようかな」
なんて思いましたが、足腰の痛みがとれてきた今日辺り、
やっぱりまた走るんだろうな、なんて思っています。

とにかくしばらくは休養。
怪我も無く、楽しみながら長く走れるように、
ゆっくりと頑張ってみます。
f0196455_1528339.gif

by rosering | 2013-03-26 15:36 | マラソンのこと | Comments(0)

立川シティハーフマラソン

昨日は立川市の昭和記念公園で行われた、立川シティマラソンに出場しました。
チームからはハーフの部に6人の出場です。
朝は風も強く寒かったのですが、段々と風も弱まって、
気温も走るのには丁度良い感じでした。
公園の隣には自衛隊の滑走路があり、スタートはそこからです。
そのコースはあの箱根駅伝の予選会のコースとほぼ同じなので、
学生のランナー達も沢山走ります。
箱根駅伝ファンにとっては、学生ランナーと一緒に走れる年に一度のチャンスです。
ただ、学生達は当然とても速いので、ついついつられて速く走ってしまいがち。
去年はそれで後半失速したので、今年はペースに気をつけて走りました。
結果はキロ6分のほぼイーブンペースで走れて、2時間7分台。
ちょっと苦しかったけど、無理なく走れて気持ちよかったです。
今回も自己ベスト!どこまで行けるのか私。
年齢が年齢なのでタイムを縮めるのにも限界があると思うのですが、
もうちょっとだけなら速くなれるかも・・・?
私の限界に対する挑戦は続くのでした。
f0196455_1737485.jpg

by rosering | 2013-03-04 17:39 | マラソンのこと | Comments(0)

第47回 青梅マラソン

昨日の日曜日、青梅マラソンに出場してきました。
東京都青梅市で行われる青梅マラソンは、47回も続いている歴史のある大会。
東京近辺にお住まいの方には、馴染み深いマラソン大会ですね。
10キロと30キロの部があり、去年は10キロに出場しましたが、
今年は30キロの部に挑戦しました。
f0196455_14401776.gif

青梅市街から青梅線沿線に続く道を、
宮ノ平→二俣尾→沢井→御岳→川井まで行って折り返します。
多摩地区にお住まいの方には馴染みのある地名。
子供の頃には遠足で必ず訪れる場所です。
当然のことながら、坂が厳しいコース。
足にあまり筋肉が無い私としては、山は苦手です。
前半はずっと昇りで、後半は下りだから、と聞かされていましたが、
後半にも厳しい昇り坂があり、「く・くるしい~~!」
でも頑張って歩かずに完走し、タイムは3時間17分。
目標タイムは3時間15分だったので、2分及ばず、ちょっと残念でした。

箱根駅伝で有名になったあの山の神・柏原くんも出場。
私が8・3キロ地点を走っている辺りで、もう折り返してきて、
ほんの1メートル間隔くらいですれ違いました。
同じ道を往復するだけのコースなので、必ずすれ違うと分かっていたので楽しみにしていました。
でも物凄い速さなのですれ違いも一瞬。結構苦しそうな表情でした。
私が失速した21キロ過ぎの苦しい坂の後で、柏原君も遅れたらしいです。
結果は3位。来年またリベンジしたいとのことでした。

歴史のある青梅マラソンはやはりマラソン大会の王道。
沿道の応援も多くて、飽きずに楽しく(苦しいけど)走れました。
私設のエイドのお水や飴やバナナなどがが本当に嬉しい。
そんな暖かい応援があるから、苦しいコースもどうにか頑張れました。
青梅のみなさん、沢山の応援をありがとうございました。

次は2週間後の立川ハーフマラソン。また頑張らなければ。
地元の方で「走ってみたいけど無理かなあ」
なんて思っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、
立川マラソンを見にいらっしゃると良いかも。
沢山の市民ランナーが頑張って走っている姿を見ると、
ご自分も走ってみたくなりますよ、きっと!
立川昭和記念公園で3月3日に行われます。
箱根駅伝に出場する学生も走ります。皆カッコイイのでそれも必見。
今サイトを見たら、猫ひろしさんも出場します。ニャ~!
公園の中は広いので、お天気がよければピクニックも出来ますよ!

毎年参加者名簿が載る報知新聞。
f0196455_14423881.jpg

参加賞のTシャツ 青梅のシンボルの梅の花とコース図がデザインされていて可愛い。
f0196455_14451867.jpg

f0196455_14452924.jpg

by rosering | 2013-02-18 14:51 | マラソンのこと | Comments(0)

フロストバイトロードレース & 越後湯沢

日曜日、福生の横田基地で行われた「フロストバイトロードレース」
所属しているマラソンチーム、くにたちRの仲間7名で出場しました。
私はハーフの部に参加。
お天気も良く、走っているとちょっと暑いくらい。
半袖のTシャツ1枚で走って寒くなく、丁度良い感じでした。
結果は記録更新!昨年のフロストバイトの記録を5分短縮して、2時間8分でした。
2時間10分を切るのが目標だったので大満足です。
基地の中を走る、ずっとフラットなコース。
応援は基地の中の米兵とその家族だけなので、ちょっと寂しいですが、
アメリカ人のテンションの高さに励まされます。
思えば初めてのハーフマラソンが、去年のこのフロストバイトでした。
その時も気持ちよく走れたので、相性が合うのかな?
今回でハーフマラソンに出場するのは4回目ですが、
今までで一番自分をコントロール出来たような感じ。
ペース配分や気持ちの持ち方など、始めから計画していた通りに大体上手くいき、
何となく悔いの残らないレースでした。

走り終わってからどう言う訳か、娘達がスキーの為に先に行っている越後湯沢へ(笑)
Jともう1人のメンバーのAちゃんと3人で上越新幹線の旅。
夕方に着き、美味しい魚料理の店で合流し雪見酒。
後はひたすら温泉に入ってのんびりと、レースの筋肉疲労を癒して来ました。
そのお陰かな?今日の筋肉痛はさほどではありません。
越後湯沢は当然凄い雪でしたが、東京も大雪。
雪を見に行ったのに、帰ってきてからも雪国でした。
f0196455_17395147.jpg

f0196455_1740138.jpg

by rosering | 2013-01-15 17:47 | マラソンのこと | Comments(2)

那覇マラソン

先日の日曜日、沖縄 那覇マラソンに出場してきました。
「またマラソン?」
と思われた方、申し訳ありません。
私の老後の楽しみとして(笑)一応記録させてくださいませ。

那覇マラソンは「地元の人達の沿道での応援が素晴らしい!」という、
ランナーの間でとても評判の良い大会です。(東京マラソンに次ぐ位)

「走っている時って、何を考えているの?」と良く聞かれますが、
確かに私ぐらいゴールするまで時間の掛かるランナーにとっては、
走っている時間ってかなり長いのですね。
その間に、誰も居ない山道とか、ひと気のない農道とかだと、辛く苦しい時間だけが流れます。
その点、沿道にずっと応援の人々が途切れずにいてくれて、
「頑張って~~~!!」と声をかけていただけると、時間が過ぎるのも早く感じますし、
小さな子供達の応援やハイタッチは、とても勇気が出ます。
音楽好きな沖縄らしく、道のあちこちでのバンド演奏。
三線(さんしん)を弾きながら走っているランナーもいました。
途中、後ろから大きな掛け声で走ってくる謎の黒いTシャツの集団に遭遇。
毎年走っているらしい沖縄県警の人達で、それが滅茶苦茶かっこいい。
しばらく付いて走っちゃいました。
動画→クリック(2010年)
その時は何て言っているのか分かりませんでしたが、
「フレーフレー フレフレ ゴーヤ イチニイ ゴーヤ」って言っているのですね(笑)

もうひとつは、応援してくださる方々の私設エイド。
今回も様々なものをいただきました。
黒糖・バナナ・ミカン・シークワーサー・サーダーアンダギー・餡餅・チュウペット・・・etc etc。
沖縄蕎麦もあったらしいのですが、気がつかずに素通りしてしまって残念。

今回はなんと雨。
走っている時間の2/3は結構な大雨でした。
そんな雨の中でも、応援の人たちの数は物凄く、暖かくて涙がでました。

今回は初めから「那覇はゆっくり走って、楽しもう!」というつもりでした。
なので、Jと二人で一緒に、最初から最後まで走り抜きました。
冷たい雨に打たれて、冷え切って、足もだるくて、痛くて。
1人だったらもしかしたらリタイアしていたかも。
でもJに励まされながら、どうにか制限時間内に完走出来ました。
ゴールのグラウンドは、ぬかるみの田んぼ状態。
それでも、いえそんな状態だからこそ、感動のフィニッシュでした。

走っている時は辛くても、終わってしまえば「ああ、楽しかった!という思いだけが残ります。
それが本当に不思議。
脚力も筋力も体力もさほど無い私が、根性だけで走っているフルマラソン。
本当はかなり無理をしています。
でも2回のフルマラソンを終えて分かったことは、
「自分の力以上のものでも、無理をしてでもチャレンジすれば、力は自ずと付いてくる」ということ。
これはきっとマラソンだけに限らず、勉強でも仕事でも、色々なものに応用出来るのでしょう。
まずはチャレンジしなければ、そこからの進歩は無いですものね。

那覇マラソン、3泊4日の旅。
もちろん、あちこち観光もして、美味しいものも沢山頂いてきましたよ~!
沖縄の人は本当に温かく緩やか。また来年も一緒に走れたらいいな。
f0196455_1715920.jpg

f0196455_17174835.jpg

f0196455_17185883.jpg

f0196455_17205472.jpg

f0196455_1723320.jpg

f0196455_17231696.jpg

by rosering | 2012-12-06 17:54 | マラソンのこと | Comments(2)

第1回 富士山マラソン

先日の日曜日 第1回富士山マラソンに参加してきました。
去年までの河口湖マラソンがリニューアルしたもの。
紅葉と雪化粧した美しい富士山を眺めながらのマラソンです。
河口湖と西湖を走るフルマラソンと河口湖1周の17.2Kのコース。
6人で出場し、1人の男性メンバーが初フルマラソン。
私を含む5人のメンバーが河口湖1周です。

スタートが朝の8時と早いので、メンバーの職場の保養施設である山中湖のリゾートマンションに
前泊させていただくことにしました。
それでも朝の4時に起きて、5時半に出発。
当然まだ暗くて、星がものすごく綺麗~!
富士急ハイランドの駐車場まで車を走らせます。
山中湖から河口湖までは近いので、高速に乗らなかったですが、
その判断がその日一日の運命を大きく左右することになるとは、
その時はまったく気が付きませんでした。

富士急ハイランドの駐車場のイルミネーション。
f0196455_17125146.jpg

駐車場の入り口に並んでいたら白々と夜が明けてきました。
美しい富士山!感動ものです。
f0196455_17143455.jpg

そこからシャトルバスで河口湖駅まで。
河口湖駅って可愛い駅ですね。電車で来たことはなかったから知らなかった。
その駅の向こうにも富士山!
f0196455_17152462.jpg

そこからは歩いて河口湖まで。荷物を預けて、さあいよいよスタートです。
河口湖1周は、サンプラザ中野さんと、アントキノイノキさんがスターター。
フルはなんと菅原文太さんだったそうです。そっちの方が良かったな~、なんて。
空気は綺麗だし、富士山も紅葉もものすごく綺麗~!
f0196455_17432288.jpg

沿道の応援はちょっと少なめでしたが、最高の景色を眺めながらのランは格別。
途中、湖を高速のモーターボートで女性が何か叫びながら走ってきました。
「頑張ってーーー!!イエ~~~イ!!!!」
ものすごく大きな声でびっくり。当然こちらのテンションも急激にアップします。
あとからあれは歌手の中村あゆみさんだったらしいと聞きました。
通りで大きな声だったはずだわ。

その後、私より8分速くゴールしていたJに迎えられて、最高の気分で17.2キロを走りきりました。
タイムは1時間48分35秒。私としてはまあまあのご機嫌タイムです。
参加賞も第1回だからか、ミズノのTシャツとSWANS製のサングラス。割とGoodです。

ところがところがです。
夜家に付いてから、ツイッターなどの情報で知ったのですが、
エントリーしていた23000人の内、渋滞に巻き込まれて約5000人未満のランナーが、
スタート時間に間に合わずに出走出来なかったというのです。
ツイートを見ると、河口湖ICの出口で延々の渋滞。
もし私達が山中湖から高速に乗っていたらと思うと・・・。
走れなかったランナーの方たちの気持ちを考えると、本当に胸が痛みます。
他にも諸々の良くない点があり、運営側はかなり厳しく意見されているので、
来年の富士山マラソンは、もっと良い大会に改善されていることを祈ります。
あれほどの景色を眺めながら走れるレースって、なかなか無いですものね。
私達は無事に走れて本当にラッキーでした。

ゴール後、全員無事に完走したメンバー達と。
f0196455_174141100.jpg

by rosering | 2012-11-27 17:59 | マラソンのこと | Comments(0)

湘南国際マラソン

11月3日、先週の土曜日ですが、湘南国際マラソンに出場してきました。
初めてのフルマラソン。
ドキドキでしたが、どうにかこうにか完走することが出来ました!

正直言って、レース前にふくらはぎが故障したり、風邪を引いたりと、
あまり思うように練習出来なかったのです。
本当はフルマラソンを走る前には、何度か30キロくらいの距離を走っておかなければならないのですが、
実はそれが1度も出来ず。
ハーフマラソンで21キロを走っただけで、それ以上の距離は未知との遭遇状態でした。

そんなこんなで不安が一杯のままのスタートです。
スタートゴールは大磯プリンスホテル。
昔、芸能人水泳大会とかやっていたホテルです。(懐かしい~笑)
くにたちRからフルは3人、10キロは娘のS子。応援に駆けつけてくれたメンバーが2人でした。
スターターは佐々木健介ファミリー。北斗晶さんももちろん。
寛平ちゃんの顔を見たら妙にリラックスしたりして。
18000人が西湘バイパスを走ります。すごい人です。
BS1のランスマのロケにインタビューを受けたりしながら走り始めました。

ハーフマラソンの時よりも、ペースはゆっくりなので、10キロくらいまでは絶好調。
「これは良い線いけるんじゃない?」などと心の中で思いつつ、
えぼし岩など右手に見ながらの大好きな海沿いの道。気持ち良い~。
沿道の応援も途切れることなく、さすが湘南にお住まいの方はお洒落な人が多いな~。
サーファーのおじさまとか、ゴールデンを連れたカッコイイご夫婦とか。
私設のエイドも数多く。美味しい黒糖などを小さな女の子から貰ったりして。
子供達とのハイタッチにも元気をもらえます。

でも江ノ島で折り返し、20キロを過ぎた辺りから、だんだんと足が重くなってきました。

「30キロの壁」
フルマラソンを走るにあたって、そのような言葉があります。
誰でも30キロを過ぎたあたりから、足が動かなくなる。
そう言われています。

私はとにかくハーフ以上の距離を走ったことがなかったので、
もっと早く、25キロ地点で壁にぶつかりました。

・・・・・つ、辛い、きつい、足が重い~。
でもよほどの足の故障が起きなければ、絶対に完走しようと心に決めていたので、
途中で止めようとは一度も思いませんでした。

エイドステーションで給水と栄養補給。
飴や塩、梅干、レーズンにアンパン、クリームパン、バナナに小さなおにぎり。
エイドごとに色々なものが並んでいます。
私は梅干がとても美味しく感じられたけど、Jはチョコレートばかり食べていたらしいです。

いよいよ足が動かなくなると、ちょっと立ち止まってストレッチ。
そうするとまた少し走れるようになります。

30キロ過ぎから、段々と歩いたりしている人が増えてきます。
接骨院の先生から「歩かないで完走すれば5時間は切れるよ。頑張って歩かないで」
と半ば脅迫されるように何度も言われていたので、
「本当にもう駄目!となるまでは歩かない」と心に誓いながら。

「30キロ過ぎたら、辛くない人はいない。痛くない人はいない。」これもマラソンの先輩からの言葉。

ヘッドフォンからは、当然のように、ZARDの「負けないで」
走る前に「<負けないで>を聞くと泣けるらしいよ~」なんてふざけていたら、
・・・・・本当に涙があふれます。

スタート地点の大磯プリンスホテルに差し掛かっても、実はそこはまだゴールではありません。
そこから二宮までいって折り返してくるという、まだ5キロの距離があります。
でもホテルの中から「完走おめでとう~!」などと浮かれている大きな声が響き渡ります。
そこで皆心がポッキリ折れるらしいです・・・。
残りは5キロ。されど、長い長い5キロでした。
最後の二宮での折り返しのところに、最後の給水所があります。
そこで皆ばたばたと倒れて座り込んでいます。
救急車も来ていたりして。
私も「ああ、もう駄目だ、少しゆっくり休もう」と思ってしまいました。
座り込んだら、もう2度と立てない気がしたので、立ったまま念入りにストレッチをして。
私くらいのタイムだと、もうみんなふらふらのよれよれ。
でも、あと2.5キロです。
気持ちを奮い立たせてスタートしましたが、やはり足が上がらずに少しだけ歩いてしまいました。
でもそれが回復に繋がり、すぐに又走り始めます。
最後、ホテルに入ってからは普通に走れて、感動のゴ~~~~~ル!!!
先にゴールしたJと、応援の二人が迎えてくれて、涙・涙・涙。
胸には金色に輝くフィニッシャーのメダル。
最高に嬉しいメダルでした。

フルマラソンって何キロ?とたまに聞かれる方がいらっしゃいますが、
言わずと知れた42.195キロ。長い長い距離です。
どのくらい長いのか。
日本橋を起点としての5街道で大体どのあたりまでなのでしょう?

中山道 桶川駅のあたり
東海道 戸塚駅のあたり
甲州街道 八王子駅のあたり
奥州街道 東武動物公園駅のあたり
日光街道 奥州街道と同じ
だそうです。

私にとっては甲州街道が分かりやすいのですが、日本橋から八王子駅まで~~!!
車で走っても結構長い距離なのに、本当にびっくりですね。

まあ、その距離をこの2本の足で走り抜いた訳です。

正式タイムはまだ発表になっていませんが、自己計測では、5時間14分38秒。
自分にとっては輝かしいタイムです。
頑張ったJは4時間36分台。思ったより絶好調で上機嫌です。
これまでの人生で運動経験など皆無だった私が、50歳過ぎてから始めたマラソン。
私を知っている友人達は、皆一様に驚きますが、正直自分でもびっくりです。
これから先、1分でも2分でも、少しでも早く走れるようになれるといいな。
ゆるりと私なりに頑張りたいと思います。

フル スタート前の3人。
f0196455_16441477.jpg

10キロのS子
f0196455_1646569.jpg

ゴール間近のJ。
f0196455_16453335.jpg

参加賞のTシャツ
f0196455_16474281.jpg

f0196455_16475590.jpg

f0196455_22372148.jpg

フィニッシャーメダル
f0196455_16485434.jpg

f0196455_1649655.jpg

f0196455_1649198.jpg

f0196455_22354768.jpg

by rosering | 2012-11-06 17:00 | マラソンのこと | Comments(8)

グリーンリボンランニングフェスティバル 2012

わたくしごとが続いてすみません。
先日の日曜日の午前中は、神宮を10キロ走ってきました。
グリーンリボンランニングフェスティバル
折角東京に住んでいるのだから、たまには都内も走りたい!
というのを常々思っていましたが、東京マラソンにも新宿シティマラソンにも落選・・・。
これは抽選がないし、神宮外苑を走れるし、季節も良いしっていうことで行って来ました。
今回はJと二人。
近場のマラソンは気楽に参加出来るというところが良いですね。
スタートゴールは国立競技場!
あのトラックを走れるというのも魅力の一つです。

スタート前に、あの谷川真理さんのランニング教室とストレッチ。
真理さんは思ったよりも小柄で華奢な女性でした。
その後でバルーンセレモニー。
みんなで風船を空に飛ばします。
綺麗な秋の空に沢山の風船がとても綺麗でした。

それからスタート。
美しい銀杏並木を走るのは本当に気持ちの良いことでした。
谷川真理さんも一緒に走っていたのですが、
周回コースなので、2周目に私の右横を真理さんは風のように通り抜けて行きました。
そう、私にとっては2周目でも真理さんには3周目。
せめて10メートルでも良いから一緒に走りたい!
と思っても、まったく追いつけません。
でも、競技場のゴール前で皆を待っていてくれて、ハイタッチしました。

結果、私の記録は1時間2分10秒。
この歳になってから始めたマラソン。
なかなか10キロ1時間の壁は破れません 涙。
ちゃんと走っている人から見たら、笑われるようなタイムですが、
本人はいたっって真剣なので、笑わないでくださいね!
さて次回はいよいよ湘南国際マラソン。11月3日です!
f0196455_16351137.jpg

f0196455_16353416.jpg

f0196455_1635513.jpg

f0196455_1636457.jpg

by rosering | 2012-10-23 16:39 | マラソンのこと | Comments(0)

越後湯沢秋桜マラソン 2012

昨日の日曜日、晴天の下、越後湯沢秋桜マラソンに参加しました。
私としては今年で2回目のこのレース。
台風が近づいていて、お天気がちょっと心配でしたが、
まったくの晴天で、予想に反してとても暑く。
練習でふくらはぎを痛めていたのですが、ゆっくり走るなら大丈夫とドクターに言われ、
10キロの部に参加です。
いつものように前日から湯沢入りして、受付を済ませた後、前夜祭会場へ。
魚沼にしろ、越後湯沢にしろ、新潟のレースは前夜祭も当日も、美味しいものが食べられて好きです。
この新米の季節、最高に美味しいご飯がいただけます。
マラソン大会も沢山ありますが、そういう特典がある大会は、良いですよね~。

今回の参加者は5名。
ハーフが3人と10キロが2人。怪我のためレースに出られないメンバーが応援で一人。
ふくらはぎが痛くてまったく練習が出来なかったので、
走り始めから足が重くて、ちょっときついレースとなりましたが、
終わってしまえば楽しかったという想いだけ。身体はだるくても気分はスカッとします。
それは不思議といつも同じ。だからみんなやめられなくなるんですね。
打ち上げはいつも行く、美味しいお魚が食べられる居酒屋さんへ。
その店の若女将もランナーです。
元々呑み仲間で作ったマラソンチームです。
終わった後の飲み会は欠かせません。
さて、次はいよいよ11月3日の湘南国際マラソン。
初めてのフルマラソンに挑戦です。
f0196455_17351899.jpg

by rosering | 2012-10-01 17:48 | マラソンのこと | Comments(2)

第3回南魚沼グルメマラソン

一昨日の日曜日。
新潟県の南魚沼で行われた「南魚沼グルメマラソン」に出場してきました。
朝から生憎の雨。
走る前は少し止んでいたので、「やった!これなら大丈夫」と思ったのもつかの間。
走り始めたら、またしても雨。
私はハーフの部に参加したのですが、途中かなり激しく降ったりもしました。
小雨が降る10キロのマラソン出たことはあったのですが、
こんなに本格的に降っていて走るのは初めて。
でも、まあどうせ汗かくし、暑いより涼しいほうが良いし、なんて思って走る気もりもり。
ランナーって雨のことは、傍から見るよりさほど気にしないんですね。
身体のコンディションもまあまあで、調子よくスタートしたのですが、
途中7キロ地点位から、段々と足が冷えてきて、股関節がだるくなってきました。
タイツも雨でぐっしょりで、大腿部を触ると何と冷え切っている。
途中両手で太腿をこすりながら走りました。
一応完走は出来ましたが、タイムは悪くて2時間18分。
前のハーフより6分も遅い結果でした。涙

でも、走って良かった!
苦しくてもタイムが悪くても、いつでも終わった後は走って良かったと思えるマラソン。
コンディションが悪くて、リタイアしたりタイムオーバーしたりした人もいると思うけど、
それでも走った記録は美しい。
苦しければ苦しんだだけ残された数字は美しいものと感じます。
だからマラソンは感動的なんですね。

後悔もあります。
あの時、もう少しこうしたら、もう少し頑張れたら、もっとタイムは良かったはず。
でもね、それも学習。
次以降のレースに必ず必ず役立つはず。
今年3回目のハーフマラソンを終えて思うこと。
「私、まだまだいける」 笑
だってね、もっと走り込めば、もっと筋肉トレーニングすれば、もっときっと早くなる。
そんな可能性があるのなら、やってみたいじゃないですか。
この歳になって始めたマラソン。
低レベルながらどこまでいけるのか、頑張ってみます。

完走賞は「魚沼のコシヒカリ食べ放題」のご飯茶碗。
走り終わった後、1/8マラソンに出場して、先に終わっていた仲間たちが、
コシヒカリとかおつまみとか用意していてくれて、
本当に美味しいご飯とビールで乾杯しました。

最後には毎年来ている松任谷正隆氏(彼も1/8マラソンに出場)が弾くピアノで、
「春よこい」の大合唱。
「うちのおかあさん(ユーミンのこと)キーが低くて唄い辛いかもしれないけど、すみません」なんて。
女性がステージの上に上がって、男性は下で。
松任谷さんの直ぐ後ろで、娘のS子と一緒に大声で歌って何だか気分もすっきり。
唄い終わって感動の面持ちの松任谷さんに「楽しかったです」って言って握手して頂きました。
穏やかで賢そうで良い人オーラ丸出しのユーミンパパ、いいわあ。ちょっとファンになりました。

雨でよれよれになった完走証。醤油のしみも付いてます。笑
大体ゼッケンナンバーが、4040(よれよれ)・・・。
最初からこれじゃあね。笑
f0196455_16165332.jpg

by rosering | 2012-06-12 16:29 | マラソンのこと | Comments(4)